ごあいさつ

会長より

津末 臺

総合インプラント研究センター(General Implant Research Center:GIRC)の発会以来ずいぶんと時間が経過いたしましたが、やっとホームページをリニューアルすることが出来たのは一重に会員の皆様のご尽力の賜物と慶賀の念に絶えません。
顧みますれば、昭和51年(1976)頃より(株)京セラのInstructorとして全国的に講演を続けた結果、3~4年後には種々のtrouble caseが出てまいりました。演者の責任として、解決法の質問に対応する為に日夜悩まされ且つ解決に努力しました。

続きを読む

しかしながら、個人の力の限界を知り、その対応に協力して頂く人材が必要である事に気がつき、山根稔夫先生のお許しを得て日本形成歯科研究会の支部的存在として東京形成歯科研究会を発足し、 trouble caseの対応出来る人材育成に努める所存で、浅学非才の身の程知らずの自惚れ者をも顧みず、会員の皆様のご尽力を得て、8年間会長としてインプラント学会にも研究会の名称が知られ名実共に発展してまいりましたが、時の流れと環境の変化に采配され、会長を辞任することとなりました。そのため8割くらいの先生方が一緒に退会される結果となったのです。
一方、昭和57年(1982)SUMICIKONとしての開発を始め、平成元年(1989)には厚生省の認可も取れ、いよいよスタートする時期に前記8割の先生方に再度集まって頂き若干の新人を加えて研究会を発足したのがG,I,R,Cであります。
元来『総合インプラント研究センター』の名称は
1.総てのインプラントを研究するセンターである。
2.総てのインプラントの症例を解決できるように研究開発するセンターである。
この二つの意味を兼ね備えています。
どうか、会員の皆様も、GIRCの益々の発展にご尽力下さいますようお願いしてご挨拶とさせていただきます。

津末 臺

(平成24年1月22日 永眠)

理事長・施設長より

梨本 正憲

早いもので施設長を拝命してより、数年が経過いたしました。お話をいただいたときは「私如き者が、インプラント学会公認の認定医の養成施設であります100時間コースの施設長など恐れ多く、とんでもない」との思いでした。輿理事長、伊藤賢先生、中村先代理事長、今村先生達古参の津末会長門下生が、箱根で会長の「古希」のお祝いを開催しましたが、その席で「どうか会長には、是非、私共が現役でいる間は、何が何でもお元気で会長職を続けて頂きたい。我々が80歳ぐらいで現役をリタイヤー(?)しなければならなくなるような頃になれば、あまり御無理をお願いするのは止めよう」との我々古参グループの暗黙の了解があり、その席で直接のお願いを致しました。まさしく、俗に云う「おんぶに、だっこ」の心境であります。

続きを読む

そうしますと、会長は「自分(会長)を立ててくれるのは嬉しいが、世代交代もある。この研究会が更に発展するには、どうしても「君達も、自分(会長)の位置までとは言わないが、何とか努力して近い位置まで成長して、後輩の為に尽力するようでなくてはだめである」と云うような事をおっしゃられたと記憶しております。
と言いますのも、我々が、会長の御指導を頂いてより20年が経過し、その間、実に様々な事を教えて頂きました。その内容は、日々の患者様との診療にまつわるお話からトラブルの解決方法、経営から冠婚葬祭に至るまで実に多岐にわたり、我々の結束の強さは、他の研究会には見られないもののようであります。
さて、この様なカリスマ的な会長のもとで「私に何が出来るか?」大変不安でありましたし、今でも不安であります。しかし、会長が今でも「山根稔夫先生の話」をされ、自分(津末会長)が私共にして下さることは、会長がお若い時分に、「山根先生からその人柄に感化され感銘を受けた事の幾分かでも、我々の返そう」と考えているとの話を聞いた時、私はこれだ!と思いました。人間はどうしても「錯覚と生意気」が出易くなりがちですが、今、自分が、この能力を身に付けていられるのは、又、この立場にいられるのは、津末会長であり、小林教授であり、その他、多くの方々との出会いの運の強さによるものであります。周りを見ていても、常に「今の自分が、今有るのは、あの時あの人に出会えたからだ」との原点に戻れる人の方が、更に発展されているような気がしてなりません。
ここへきて、どうも偉そうな事を言ってしまったようです。何はともあれ、会長先生のことを、伊藤賢先生は常に「おやじ」と呼ばれております。伊藤先生だけに独占させることなく、皆様先生方も何でも指南を受け、会長が年をとっている暇が無い様に致しましょう。
我々古参のグループも、若い先生方に負けぬよう、津末会長のようなカリスマの会長が出現し、引退のお許しが出る迄は、努力したいと思います。
この度会のホームページの完成にあたり、会員の皆様方がこのホームページを積極的に活用いただき「総合インプラント研修センター」及び皆様方のより一層の発展に寄与することを祈念いたします。

施設長 梨本 正憲